PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勾玉、陰陽

201802081_201802081831151a9.jpg

古来より勾玉には不思議な力が宿るとされ、

魔除けや厄除けといった意味で身につけられてきました

曲がった形をしているので勾玉と呼ばれる説が有力で

日本や朝鮮の一部地域でしか発掘されず、

それらは縄文時代にすでに作られていました

神話の時代、スサノオノミコトが八岐大蛇を退治した後、

勾玉を天照大神に献上、これが三種の神器の一つに

なったと伝えられています

不思議な形は頭の部分が太陽を表し、尾の部分が月を表して

この太陽と月が重なりあった形は

大いなる宇宙を崇拝していたと思われます

そして穴には祖先とのつながりを持つことにより、

我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、

その恩恵を受けたとされ、諸説ありますがこの説が有力です

が、未だ持って解明はされておりません


勾玉を二つ合わせたような陰と陽を表す形を太極といい

陰の中に陽があり、陽の中に陰があり

この世界のありとあらゆるものは、

相反する陰と陽が互いを排除せずに調和した時に

中庸、好い加減、平和、幸福、になるといわれ

森羅万象、宇宙の根源とされています

関連記事

| パワーストーン | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cheka2.blog71.fc2.com/tb.php/2026-8ab99cc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT